初心者の儲かるネット証券比較のサイト

株投資は証券会社比較で有利に儲ける >  その他の国の場合

 その他の国の場合

スポンサードリンク

外国株を買う裏技

国内で買えない外国株を、アメリカの市場を通して、国内のネット証券で買う方法がある。
この方法を使うと、インド、ロシア、ブラジルなどの株を購入することが可能になる。

「外国株を買う裏技」詳細はこちら

ETFを考えてみる

ETFとは、日本でいえば日経平均やTOPIXのように株価指数に連動するもの。
世界の株価指数で有名なところでは、アメリカのNYダウ、ナスダックなど。
中国でのハンセン指数、インドのSENSEX(センセックス)指数などが有名だ。
BRICsでは、ブラジルのボベスパ指数、ロシアのRTS指数。
その他には、ベトナムのVN指数、タイのSET指数、韓国のKOSPI指数、トルコのイスタンブール・ナショナル100種指数、南アフリカの南アフリカ全株価指数、アルゼンチンのメルバル指数、エジプトのヘルメス指数、インドネシアのジャカルタ総合指数、モンゴルのMSE指数などがある。
これらは、指数なので、すべてに共通するのは倒産する心配がないということ。

「ETFを考えてみる」詳細はこちら

投資信託で考えてみる

ETFと比べたときに投資信託の方が手数料がかかってしまう。
しかし、品揃えでいえば今のところは圧倒的に投資信託の方が多い。
なかなか手に入らない外国の株は、投資信託で手に入れるという方法もある。

「投資信託で考えてみる」詳細はこちら

ADRで考えてみる

ADRとは、米国預託証券のことで、米国市場に上場する証券のことです。
日本国内では直接買うことのできない外国の株でも、このADRを使って気に入った
国の会社の株を買うことができる。
ただ、取り扱い証券会社が限られていること、手数料が割高になることがデメリットだ。

「ADRで考えてみる」詳細はこちら

究極の世界株購入法 BOOM証券

世界株をもっと自由に購入する方法がある。
それが、BOOM証券だ。
世界35カ国800ものETFを購入することができる。
会社は香港にあるが、日本からでも口座開設が可能。
一番手軽な方法は、こちら。
世界分散が簡単にできるようになる。
香港に行かずに日本にいながらHSBC香港の口座開設

BOOM証券は、香港のインターネット証券会社。
ETFだけでなく、香港、中国、日本、台湾、米国、韓国、豪州、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシアの株の売買が可能になる。
日本の証券会社プラス1なら迷わず、BOOM証券に口座開設だ。
きっと役立つこと間違いない。

EU(ヨーロッパ)の株を考えてみる

最近EUの中でも注目されているのが東欧の株だ。
いったいなにが原因なのか、調べてみた。

「EU(ヨーロッパ)の株を考えてみ...」詳細はこちら

再びADRを考えてみる

日本国内のネット証券で、ADRが買えるのは楽天証券とイー・トレード証券の2社のみ。
それでは、どのくらいの国のADRが買えるのか調べてみた。

「再びADRを考えてみる」詳細はこちら