初心者の儲かるネット証券比較のサイト

株投資は証券会社比較で有利に儲ける >  基本手数料の比較 > 約定代金別手数料と定額制手数料

 基本手数料の比較

約定代金別手数料と定額制手数料

スポンサードリンク

株を売買するときにかかる手数料は、大きく約定代金別と定額制の2種類に分かれます。
ここでは、定額制をお勧めします。
理由は以下のとおりです。

約定代金別とは、株を売買するたびにかかる手数料のことです。
例えば、
同じ日にAの株を100円で1000株とBの株を200円で1000株買った場合、
A株とB株それぞれに手数料がかかります。

それに対して、約定代金別は、その日の売買合計額で手数料がかかってきます。
上の例でいうと、A株は10万円(100×1000)、B株は20万円(200×1000)で
合計30万円の売買代金です。
そこに、手数料がかかってきます。

単純に考えると、同じ日に1種類の株しか買わない場合は、約定代金別を選んだ
方がお得で、数種類の株を買うときは約定代金別の方がお得ということになります。

しかし、約定代金別を選ぶ理由のひとつに、10万円まで手数料無料サービスを
している証券会社があります。

この場合、1種類でも複数でも10万円までの売買であれば手数料は無料になるので
大変お得です。

ぜひ口座を持っていることをお勧めします。

10万円まで手数料無料を行っている証券会社
イー・トレード証券

松井証券


10万円以下の買いたい株が2種類ある場合、上記の2社の口座をそれぞれの
株ごとにつかえば、手数料無料で株を買うことができます。
売るときも10万円以下であれば無料です。